ウイルスが赤ちゃんにうつるのを防ぐには?

免疫が弱い分どうしても・・・

口唇ヘルペスは、赤ちゃんによくある病気みたいですね。

しかも、親からうつされるケースが多いのだとか。
口唇ヘルペスって、日和見感染と言って、免疫低下により体内のヘルペスウイルスが活性化することで発症するパターンが多いと思っていたので、これは意外でした。

しかし、赤ちゃんの場合は、こうして親からうつりやすいのも、仕方ないみたいです。なぜなら、赤ちゃんは免疫が弱いからです。つまり、免疫が弱いため、肌に少しでもヘルペスウイルスが付着してしまうと、口唇ヘルペスの発症を食い止められないんですね。

では、口唇ヘルペスが、赤ちゃんにうつるのを防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

とにかく注意すべきは、口唇ヘルペスの患部が、赤ちゃんの肌に接触しないようにすることみたいです。
そのため、愛情表現でするチューや頬ずりはもちろん、スプーンなどを共用するのもダメとのことでした。

また、できれば患部を触った指で、赤ちゃんに触れるのも避けた方が良いみたいです。なぜなら、口唇ヘルペスの患部が水膨れになっている段階では、そこに大量のヘルペスウイルスが生存しているため、患部に触っただけでも指について、そのまま赤ちゃんに触れるとそっちにもうつってしまうからです。