口唇ヘルペスは何科にかかるべき?

皮膚科か内科だそうです

口唇ヘルペスは、自然治癒に任せる人が多いそうですが、それだと完全に治るまで2週間程かかると聞きます。また、口唇ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスは、意外としぶとい関係上、水膨れが収まってカサブタになってからも、症状がぶり返す可能性は高いため、それ以上の期間がかかってしまう場合もあるのだとか。

となると、多少面倒でも、病院で診察を受けて薬を処方してもらうのが確実ですね。病院の分野としては、皮膚科か内科が該当するそうです。

また、診察も簡単で、問診と視察だけで終わるとのことでした。しかし、自然治癒で治る口唇ヘルペスに、病院はどんな治療を施すのでしょうか?

調べたところ、増殖して活性化したヘルペスウイルスを抑えるための、抗ウイルス剤の処方が主みたいです。タイプとしては、外用薬と内服薬があり、水膨れができるまで進行してしまっている場合だと外用薬が、そこまで行っていない場合だと内服薬が出されるとのことでした。

ただ、これらを使用すれば、大抵は2~3日で症状は治まるそうですが、そうなっても未だ体内にはヘルペスウイルスが増殖した状態にある関係上、再発するリスクも高いため、ちゃんと医師の指示に従い用量と日数は守るべきみたいです。