症状が治まるまでどのくらいかかる?

大体10日から2週間前後で症状は治まる

口唇ヘルペスを再発した場合、普通であれば、ヘルペスウイルスが増えて水ぶくれとなった部分が次第にかさぶたとなって症状が治まっていくまで、およそ10日から2週間前後と言われています。

なので、再発の兆候が出てきた時に内服薬を使用するのを忘れて症状が現れはじめても、長くても2週間我慢すれば症状は治まっていきます。

また再発の場合は、初感染と違い唇や口の周りに水ぶくれが多発するのではなく、一部に限る傾向があるので症状もそれほどひどくはなりません。

ただし、再発を繰り返すたびに症状が軽くなってきても水ぶくれの中には沢山のウイルスが入っているので、それが破れてしまい他の皮膚に触れるなどすると感染する恐れがあるので注意しなくてはいけません。

おろそかにしていると口から他の部位への感染する危険性もあります。
特に粘膜や傷のある皮膚に触れるとヘルペスウイルスが侵入しやすいので注意が必要です。

このように、口唇ヘルペスの再発の場合は、長くても2週間程度我慢すれば症状が治まっていくだけでなく、再発を繰り返すたびに症状が軽減化されていくのですが、症状が現れているということは、自分自身で感染拡大するリスク、他人に感染させてしまうリスクもあります。

そのような状況を防ぐ為にも当サイトで紹介している複数の治療薬やサプリメントなどを活用し、口唇ヘルペスの再発リスクを上手に抑えることができれば、再発することも2週間我慢する必要もなくなるかもしれません。