口唇ヘルペスとは

唇や陰部に感染し水ぶくれを引き起こす

口唇ヘルペスの”ヘルペス”とはウイルスの名称で、単純ヘルペスウイルスとも呼ばれています。

このウイルスが唇や陰部などに感染する事で、皮膚に小水疱(小さい水ぶくれ)が現れるウイルス性の皮膚疾患のひとつが口唇ヘルペスです。

単純ヘルペスウイルスには、1型(HSV-1)と2型(HSV-2)が存在していて、1型は主に上半身、2型は主に下半身に発症するケースが多くあり、いずれも、接触により感染します。

俗に、「愛のウイルス」とも呼ばれていて、カップル、夫婦、親子など、身近な間柄で感染する事が多いだけでなく、感染力も強いウイルスなのです。直接的な感染だけではなく、タオルやコップの共同利用にも注意しなくてはなりません。

また、成人の約7割が感染しているという身近なウイルス性疾患でもあり、現代医学では、完治できない病気でもあるという事は、発症している本人にとっては周知の情報だと思います。

単純ヘルペスの特徴として、初感染の場合にはウイルスに対する免疫が無い事が関係していたり、1型や2型があることで非常にさまざまな症状を現すので、感染や再発には十分注意しなくてはなりません。

子供の頃に発症した場合、9割方は症状が出ないのですが、一部で発熱や歯肉口内炎を発症する事があり、その後は人によって頻度は様々ですが、小水疱が口の周りの限られた範囲に発症する口唇ヘルペスとなる事があるのです。

口唇ヘルペスだけではなく、単純ヘルペスウイルスの感染場所によっては、陰部、手足、顔面など全身の至るところに発症する危険性もあるので感染を未然に防ぐ。もしくは、広がらないように薬でケアする必要があります。

ヘルペスの再発を繰り返すということは、ヘルペスウイルスに対する免疫力が落ちている可能性があります。

風邪を引いて抵抗力が落ちている時には特に感染しやすい傾向にあるので、滋養強壮に有効な働きのある栄養成分や薬の併用での改善も意識した方が良いかもしれません。